1億ドルの設備投資、AI医療にアクセル -マンハッタン

   

ニューヨークには、AIを含む無数の医学研究や臨床活動が集まる新しい建物が間もなく建設される予定だ。

人工知能センター計画

シナイ山Icahn School of Medicine(マウントサイナイ医科大学)は、2021年末にHamiltonとAmabel Jamesの人工知能と人間の健康のためのセンターを開設する計画を発表した

同センターは、このプロジェクトに多額の投資をしているカップルからその名前が付けられた。
ブルームバーグ氏は、アッパーマンハッタンでの稼働には、さまざまなソースから約1億ドルの費用がかかると報じている

同校の発表によると、この学際的センターはニューヨークで「AI、データサイエンス、および日常的なゲノムスクリーニングを統合する」最初の場所になるのだという。

他に重要な分野はAI支援疾患モデリングと精密イメージングを含む。

人工知能の活躍の場は数あれど

投資家のHamilton“ Tony” Jamesは、
「人工知能と機械学習は、さまざまな分野でイノベーションを促進していますが、おそらく最も重要なのはヘルスケアです。」
と述べている。
「(シナイ山の)ミッションをサポートし、世界中の人々の生活を変える可能性のある最先端の治療法や技術の開発を加速させていきたい」

Jamesは、ニューヨークを拠点とするBlackstone Groupの副会長です。

原文

https://www.aiin.healthcare/topics/research/blackstone-ai-investment-icahn-school-medicine

業界/カテゴリー

PAGE TOP
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x