「コピペで提出した」大学生の不正行為を検出できるAIを開発

キプロス共和国に拠点を置くスタートアップのUnicheckは大学での不正行為を根絶することを掲げ、学習レポートの制作者を特定できるAIエージェントであるEmmaをリリースした。

「盗作の自動チェック」は目新しいものではない。しかし実のところ、従来の盗作防止ツールは学生が単に他の誰かに課題を行わせた場合に、それを検出することはできなかった。
インターネットもある中、エッセイや論文の執筆にかかわる悪行が急増してしまっている。

リリースされたEmmaは、機械学習を用いることで学生の個々のスタイル、語彙、文の構造を理解することができる。

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。
新規無料会員登録はこちら

カテゴリーから探す

PAGE TOP