福祉ロボットの”感情的知性”は、介護者の振る舞いを変えるらしい。

医療現場で使用される補助ロボットは、介護者(家族だけでなく専門家)がより集中的に、そして辛抱強く患者を治療するように促し、結果を改善する可能性がある。

どんな研究が行われたか

これはマサチューセッツ州のタフツ大学で行われ、Journal of Medical Internet Researchの6月号に掲載された研究によるとされている。

心理学者Meia Chita-Tegmark(PhD)および同僚らは、ロボットが患者を支援するために2つのアプローチ(患者中心またはタスク中心)を採用した188人の無作為に募集された素人参加者のビネットシナリオを示した。

患者中心のロボットは、患者が治療計画を遵守している、またはそれに抵抗しているときに、患者のニーズおよび選択に焦点を当てた。

タスク中心のロボットは、患者がどれだけ厳密に同じ計画に従ったかに焦点を当てた。

運動の後、参加者は、
・ロボットにおける感情的知性をどう思うか
・ロボットへの信頼
・自身の健康管理のためにロボットを導入したいか
彼らの認識を測定するように設計された質問票に回答した。

回答を分析したところ、Chita-Tegmarkらは、ロボットが患者中心の方法で動作しているシナリオでは、そのロボットによって人々が、患者に対してより肯定的な印象を与えたことを発見した。

ケアに違いが生まれる

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。
新規無料会員登録はこちら

業界から探す

PAGE TOP