宇宙産業を開く鍵!ディープラーニングで金属板の健全性を監視(米)【AI論文】

アメリカあるテキサス大学オースティン校のArvin Ebrahimkhanlouら研究者は、宇宙産業に欠かせない板状構造の金属の健全性監視技術を開発の一環として、ディープラーニングによるアコースティック・エミッション(AE)源の特定を試みた。

その研究のポイントはこうだ。

✔️課題
宇宙産業に欠かせない金属板の健全性監視技術を開発したい。

✔️解決手法
金属がダメージを受けた時に発生するエネルギーであるアコースティック・エミッション(AE)源の特定を、ディープラーニングにより試みる。

✔️結果
AE信号の存在する区域の特定に成功はしたが、座標の特定までは至らず。

では研究の詳細を見てみよう。

宇宙産業に欠かせない金属板の健全性の監視

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。
新規無料会員登録はこちら

カテゴリーから探す

PAGE TOP