深層学習でディスプレイの出荷に欠かせない検査を自動化(韓国)【AI論文】

韓国・ソウルにある梨花女子大学のJoら研究者は、従来のディスプレイ製品生産において品質を担保するための欠陥の確認方法に自動エンコーダを用いた確認方法を試みた。

その研究のポイントはこうだ。

✔️課題
ディスプレイ画面を製造する工程での品質チェックは検査方法に限界があるため、不十分な検査結果を招く場合がある。

✔️解決手法
自動エンコーダーを元に深層学習を取り入れた方法を、従来の検査方法と比較しその性能を確認する。

✔️結果
阻害要因であるテクスチャーが多く含まれる検査対象であっても、提案された自動エンコーダの検査方法は適確に欠陥を確認できた。

では研究の詳細を見てみよう。

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。
新規無料会員登録はこちら

業界から探す

PAGE TOP