部屋の間取り図を自動作成 建築設計のジェネレーティブAI「ArchiGAN」「House-GAN」「HouseDiffusion」

   
↓はてなブックマークで応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

建築設計分野のジェネレーティブAI

ジェネレーティブAIとは

米ガートナー社は、2022年「戦略的テクノロジートップトレンド」で「ジェネレーティブAI」を注目すべきキーワードとして挙げました。ジェネレーティブAIは、”コンテンツや物のデータを学習して、クリエイティブかつ現実的な新しいアウトプットを生み出す機械学習”と定義されています。

ジェネレーティブAIと呼ばれる分野の具体例として最もわかりやすいのは、画像生成分野のAIです。
以下のサービスを代表例とする画像生成モデルは、テキストを入力するだけでイラスト風や絵画風の画像を生成することができ、その性能が世間を賑わせています。

  • Midjourney
  • Stable Diffusion
  • DALL-E

また画像生成モデルは、商品デザインやゲーム素材デザインなど、様々な分野で開発され、活躍しつつあります。

間取り図の自動生成モデル

建築設計分野でのジェネレーティブAIも研究が進んでいます。例えば次項で紹介する「ArchiGAN」「House-GAN「House-GAN++」「HouseDiffusion」はそれぞれ2019年、2020年、2021年、2022年に論文が発表されており、このことからも建築設計分野でのジェネレーティブAIは継続的かつ競争的に研究されている様子が見て取れます。

建築設計におけるジェネレーティブAIに期待される機能の一つには「間取り図の自動生成」があります。
間取り図の自動生成ができるようになると、以下のようなビジネス上のメリットが得られると考えられます。

  • 設計の前段階(売地の状態)でも間取りのイメージがすぐに分かり顧客が購入判断し易くなる。
  • 間取りプラン修正・変更のコストが低くなる。
  • 設計における担当者個人の嗜好による偏りがなくなる。

以下では、間取り図を自動生成するモデルの最先端を論文ベースでご紹介します。

間取り図を自動生成するモデルの最先端

ArchiGAN

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

    記事をご覧いただきありがとうございます。

    ・サイトや記事へのフィードバック
    ・文献調査のご依頼
    ・広告配信のご依頼
    ・AI人材の雇用相談
    ・AI開発のご相談

    など、何かありましたら、ご連絡ください。

    業界/カテゴリー

    PAGE TOP