産業用ロボットと非産業用ロボットはどちらが大きい市場か知っていますか?

グローバルに見て、ロボット全体の収益は2025年までに2485億ドルに達する見込みだ。

市場分析会社のTracticaの新しいレポートによると、

  • コンシューマーロボット
  • コンシューマー無人航空機
  • コンシューマー自動運転車
  • カスタマーサービスロボット

などにおいて、実は非産業用ロボットはやや厳しい局面に置かれている。
学問領域で発達している技術分野がそのまま実ビジネスで通用するわけではないという課題感が現実味を増してきたのだ。
しかしそれでもなお、ロボット分野に対する大きな期待はなくならないし、継続的な成長が見込める。

さて表題の問いの答えとしては、非産業用ロボットは産業用ロボットよりも市場が大きいと言われている。しかも驚くなかれ、10〜12倍大きいとも予測が立てられているのだ(2025年について)。

事件が起きるとすればそこには何らかの特定の問題が存在するというよりは、一連の問題が存在するだろうとされている。それは以下のようなものが想定されている。

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。
新規無料会員登録はこちら

カテゴリーから探す

PAGE TOP