ChatGPTによる医師免許試験の成績「医学部3年生に匹敵する」米イエール大学

   
↓はてなブックマークで応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

医師免許試験に挑戦

米イエール大学医学部の研究チームは、米国の医師免許試験におけるステップ1およびステップ2の試験範囲で出題したときにChatGPTがどれほどの成績を上げるかについて調査を行いました。

※ChatGPTとは、OpenAIによって開発された、ユーザーの問いかけに対して応答する大規模な自然言語処理モデルです。

研究チームは、試験範囲をカバーするデータセットを利用してChatGPTのテストを行い、論理的正当性などの観点からパフォーマンスを評価しました。

結果は?

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

    記事をご覧いただきありがとうございます。

    ・サイトや記事へのフィードバック
    ・文献調査のご依頼
    ・広告配信のご依頼
    ・AI人材の雇用相談
    ・AI開発のご相談

    など、何かありましたら、ご連絡ください。

    業界/カテゴリー

    PAGE TOP