ディープラーニングで合金鋼を腐食から守る(中国)【AI論文】

中華人民共和国にある北京科技大学のYuanjie Zhiら研究者は 屋外大気 の下での低合金鋼の腐食予測モデルの開発を試みた。

その研究のポイントはこうだ。

✔️課題
低合金鋼が使用されている様々な屋外環境の下でその腐食の予測が困難である。

✔️解決手法
16年間にわたり集めた17種類の低合金鋼の腐食データを用いてランダムフォレストによる腐食予測モデルを確立する。

✔️結果
ランダムフォレストが、 低合金鋼の屋外大気腐食速度の予測に対して、 一般的に使用される機械学習法と比較して、最高の一般化結果を達成できることを示した。

では研究の詳細を見てみよう。

低合金鋼と環境と腐食劣化

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。
新規無料会員登録はこちら

業界から探す

PAGE TOP