微小欠陥診断システムの閾値問題を解決(中国)【AI論文】

   
↓はてなブックマークで応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

中国、四川大学のXia Fang ら研究グループは、微小欠陥診断システムの閾値問題に対して、 線形反復クラスタリング(SLIC) を応用利用することで判定精度改善を試みた。

研究のポイントはこうだった。

✔️課題:
産業用微小欠陥診断システム(異常検知)は、閾値の設定に困難を抱えている。

✔️解決手法:
R-CNN( 畳み込みニューラルネットワーク)のマスク領域を常時変化させて個々に適応させる手法で、この問題の改善を試みる。

✔️結果:
最終的なモデルの判定制度は98.8%に達した。

では研究の詳細を見てみよう。

微小欠陥診断システムの頑強性不足

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

業界/カテゴリー

PAGE TOP