AIで現場も変わる!?製鉄の複雑プロセスを最適化(米)【AI論文】

アメリカ、南アラバマ大学のSandip Baruiら研究者は、鉄鉱石の品質低下に伴う転炉( 金属精錬専用の炉 )の効率低下に着目し、データ分析を用いることで脱リン処理のプロセス最適化を図った。

研究のポイントはこうだった。

✔️課題
製鉄過程において、材料である鉄鉱石のリン含有量増加に伴い、精製される鋼の脆性低下などの問題が発生している。

✔️解決手法
確率的データ駆動モデルを用い、脱リン過程の効率化を行う手法を提案した。

✔️結果
スラグ成分の割合を戦略的に操作することにより、より低いリン含有量の鋼精製が可能となった。

では研究の詳細を見てみよう。

低品質な鉄鉱石

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。
新規無料会員登録はこちら

業界から探す

PAGE TOP