【図解】独壇場!?NVIDIAのAIビジネスモデル

近年のAI技術の発達に伴い、世界各国の企業もAIを活用したビジネスを展開し始めている。「AIビジネスモデル図解」シリーズでは、各企業のAIビジネスを図解し、AIの社会実装への理解を深めていく。

今回取り上げる企業は、ゲーミングPCのGPU企業から一躍AIプラットフォームとして有名になったNVIDIAだ。

NVIDIAのAI戦略

NVIDIAは1993年に3名のエンジニアによって設立された。PCが家庭に普及することが信念であったという。最初の製品は1995年にSEGAのゲームコンピュータに搭載され、その後もゲーム業界にコミットする姿勢を崩さなかった。
大きな転機は2015年にディープラーニング実行に最適化されたプロセッサを発表したことであり、そこから一気にAIプラットフォームを展開するに至った。NVIDIAにとっては技術的な挑戦であるとともに、事業的にも新規性がある領域であった。

立て続けにリリースが行われ、上記のようなラインナップが揃った。
有名なものはスーパーコンピュータにも搭載されているTESLAであるが、より特化したサービスのEGXが今後注目を集めるだろうと思われる。

本記事では、以下にEGXのビジネスモデルを描く。

EGXのビジネスモデル

ポイント

EGXの役割

「リアルタイムでAIの活用を可能にする」プラットフォームであることがそのミッションとして掲げられている。

サービスの内容と価値

基地局や倉庫、小売店、工場などから継続的に送られてくるストリーミングデータを認識および把握する。クラウドと現場をつなぐ(IoTを実現する)上で必要なデータ通信の省電力性や速度が保証されている。

サービスの利用者

コンピュータメーカーがNVIDIAよりEGXのライセンスを取得し、さらに顧客に届けられる。具体的にはATOS、Cisco、Dell EMC、富士通、Abaco、Acer、ADLINK、Advantech、ASRock Rack、ASUSなどがEGXの提供ハブとなっている。

チャネル

NVIDIAと各コンピュータメーカーとの繋がりは直接的なものであり、エンドユーザーとのチャネルはそれらコンピュータメーカーである。

社内リソース

NVIDIAのGPUサーバーがこのシステムの肝になっており、最も重要なリソースと数えられる。

コスト

当該サーバーの管理費、さらに提供ハブとなる多くのコンピュータメーカーに対するサポートの運用にコストがかかる。

収益の上げ方

EGXの利用をエンドユーザーに届けるパートナー各社に対して提供ハブランセンス費をとる他、各チャネルで顧客が増えるごとに個別ライセンス費によって収益を取る。

以上

参考

PAGE TOP