人工知能にユーモアは理解できるのか【AI×社会】(論文解説)

   
↓はてなブックマークで応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

機械を通して人を知る

コンピュータによりユーモアを生成することは、人間の言動を理解する上で重要な要素です。ユーモアは主観的なものであって、個々人によってさまざまな解釈がなされます。人間は創造性や知識などによってユーモアを作り出しますが、この方法を理論的にモデル化することは、現在の機械学習から捉えられるように非常に困難です。

一部の研究者はユーモアの生成を人工知能のテーマの中で最も困難な課題として見なしています。また、ユーモアはすべての国・性別・年齢層で用いられている人間特有のものです。しかし、面白いと感じるユーモアは国や性別によって異なります。

ユーモアが人間の主観により評価され、コンピュータが作り出すことは困難であるという課題に対して、実際にどんな研究が行われているのでしょうか。アメリカ合衆国にあるミシガン大学のAparna Garimellaら研究者の発表を紹介します。

研究者らは、BERT自然言語処理モデルを拡張することで、ユーモアのある物語生成を試みました。

▼論文情報

著者:Aparna Garimella, Carmen Banea, Nabil Hossain and Rada Mihalcea
タイトル:””Judge me by my size (noun), do you?” YodaLib: A Demographic-Aware Humor Generation Framework”
arxiv
URL:DOI

ユーモアのある文章を生成する試み

まずはAparna Garimellaらの研究におけるミッション・手法・結果をまとめました。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

業界/カテゴリー

PAGE TOP