「アニメ絵から漫画絵」を制作するAI技術【AI×エンタメ】(論文解説)

   
↓はてなブックマークで応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

非効率なマンガ制作

マンガ産業は長年長年にわたり日本の重要な産業ですが、作画時間を考えると生産性は低いのが現状です。
多くの場合は、手間のかかる作業をアシスタントに依頼したり、原画のスタイルに合わせて細かい修正を行ったりするなど、金銭的・時間的なコストがかかっています。

コンピュータを活用してマンガ制作の効率化を図る取り組みも行われています。しかし原画と画風を一致させることは難しいため、質の低い画になってしまうことがしばしばあります。

マンガ制作の効率性を高める技術として、実際にどんな研究が行われているのでしょうか。中国にあるマカオ科学技術大学のYuchen Xinら研究者の発表を紹介します。

研究者らは、CNNを用いてアニメ風のイラストから線画を抽出することで、マンガ制作の効率化を図りました。

▼論文情報

著者:Yuchen Xin,Hon-Cheng Wong ,Sio-Long Lo, Junliang Li
タイトル:”Progressive Full Data Convolutional Neural Networks for Line Extraction from Anime-Style Illustrations”
Appl. Sci.2020, 10(1), 41
URL:DOI

アニメ風のイラストから線画を抽出する

まずはYuchen Xinらの研究におけるミッション・手法・結果をまとめました。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界/カテゴリー

PAGE TOP