超巨大市場!?通信系AIへの投資は2025年までに12兆円規模に達する見込(調査結果)

通信業者の苦労

意外と思われるかもしれないが現在、通信サービスのプロバイダーは、当事者にとっては夢のあるビジネスではないかもしれない。顧客は音声通信もテキスト通信ももはや当然のインフラだと思っており、お金を払う気がなくなっている。データのコストは下がっているものの、世間は5Gのような最新テクノロジーを常に求める。そして当然ながらその実現に必要なのは並みの投資額ではなく、通信系企業のCFOは涙を飲んでいる。

さらに困ったことに、通信ネットワークそのものが更に大きく複雑になり、管理が難しくなってきている。

AIの活用可能性

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。
新規無料会員登録はこちら

カテゴリーから探す

PAGE TOP