【AIと色】人工知能に色識別ゲームをさせたら、人に似た分類をした。【AI×エンタメ】(論文解説)

   
↓はてなブックマークで応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

人間の言語の効率性はすごい

人間がコミュニケーションを行う際には、「正確性の向上」と「複雑さの回避」のトレードオフにより最適化された言葉を使用しています。
例えば正確さを最大限に追求する場合、全ての知覚的な経験に異なる言葉を割り当てます。複雑さの回避を最大限追求する場合、全ての経験を1つの言葉で表現します。

このような言語の最適化を研究する上で、”色の名前付け” が注目されることが多いです。色の名前付け方法をAIが学習できるとしたら、AIは人間と同じくらい効率的に言語を使用できるようになるのでしょうか。

色の名前付けをAIに学習させてAIのコミュニケーションシステムを開発するタスクにおいて、実際にどんな研究が行われているのでしょうか。Facebook AI ResearchのRahma Chaabouniらの研究を紹介します。

研究者らは、深層学習技術を用いてニューラルネットワークを訓練し、人間の言語に近い効率性をもつコミュニケーションシステムを開発することを試みました。

Facebookの挑戦

まずはRahma Chaabouniらの研究におけるミッション・手法・結果をまとめました。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界/カテゴリー

PAGE TOP