【図解】ルンバ開発のiRobotにおけるAIビジネスモデル

近年のAI技術の発達に伴い、世界各国の企業もAIを活用したビジネスを展開し始めている。「AIビジネスモデル図解」シリーズでは、各企業のAIビジネスを図解し、AIの社会実装への理解を深めていく。

今回取り上げるのは、代表製品ルンバで有名な、NASDAQ上場の米ベンチャー企業であるiRobot(アイロボット)だ。

iRobotのAI戦略

iRobotは、1990年に設立されてから実に様々なロボットを開発販売しているが、2002年より売り出し始めたルンバで飛躍的な成長を遂げた。ルンバは、初期の頃からAI技術を搭載していたが、最近になってさらなるAI技術のアップデートを図っている。iRobotのAI戦略は、一つの軸がある。

それは既存事業のアップデート用AIだ。

それが、上の図にある「vSLAM」である。
本記事では、以下にvSLAMのビジネスモデルキャンバスを描く。

vSLAMのビジネスモデル

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。
新規無料会員登録はこちら

業界から探す

PAGE TOP