地震の大きさ予測は機械化できるのか(AI×環境)【論文】

   

生命と経済に大きな被害を及ぼす地震

地震は、最も被害の大きい自然災害の1つです。地震は経済に壊滅的な影響を与えるだけでなく、多くの命を奪う可能性があります。そこで注目されているのがマグニチュード等の予測です。特定の地域における頻度と規模を、数年あるいは数十年にわたって評価し、地震の被害レベルの確率を推定するのは有用です。

地震を予測することの目標は、地震の時間・場所・大きさを正しく推定することです。近年様々なタスクで効果を発揮している機械学習の技術は、地震を予測するためにも重要な役割を果たすことができます。当然、あらゆる場所での地震予測を行うことは現状では不可能ですが、特定の地域における地震のデータを活用することで地震の予測に役立つ結果を得られる可能性があります。

特定の地域における地震の予測という課題において、実際にどんな研究が行われているのでしょうか。インドにあるTechno International New Town RajarhatのPapiya Debnathら研究者の発表を紹介しましょう。

研究者らは、7つの分類器と6つの異なる地震データセットを使用し、インドの上部で発生する地震のマグニチュードの予測を試みました。

これから発生する地震のマグニチュードの予測

まずはPapiyaらの研究におけるミッション・手法・結果をまとめました。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

↓はてなブックマークで応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

業界ごとに記事を読む

PAGE TOP
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x