【アニメ化AI】アドビがまた凄いのを開発しました。(AI×エンタメ)【論文】

   

アニメは金がかかる

最近では、世界各国でアニメの人気が高まっています。しかし、制作されたキャラクターを修正してアニメーション化する作業は、同じキャラクターの異なるポーズを多数作成する必要があるため、時間とコストがかかります。

ビデオフレームを使用することで処理を減らすことができますが、これらの手法はキャラクタに固有の特徴を加味しないため、小さな動きにしか使用できません。同様に、入力フレームを直接次のポーズへワープさせても、ポーズ間の離散や外観の変化を考慮することができません。

キャラクター制作においてコストが大きいアニメーション化という課題に対して、実際にどのような研究が行われているのでしょうか。アドビのTobias Hinzら研究者の発表を紹介します。

研究者らは、体の各部位の位置を示す点(キーポイント)のセットに基づいてキャラクタの新しい画像を生成することを可能にする条件付き敵対的生成ネットワークGANアーキテクチャを訓練することを提案しました。

そこで作られた”CharacterGAN”

まずはTobias Hinzらの研究におけるミッション・手法・結果をまとめました。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

↓はてなブックマークで応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

業界/カテゴリー

PAGE TOP
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x