機械学習で電力消費をさらに最適化(中国)【AI論文】

   

華北電力大学のXin Wuら研究者は、家庭や企業、建物などの電力消費の最適化手法が機械学習によってさらに進化すると仮説を立てて、ランダムフォレストを用いた検証を行なった。

研究のポイントはこうだった。

✔️エネルギー消費パターン最適化はまだ改善できる。

✔️ランダムフォレストでマルチラベル分類モデルを作成できる

✔️重要指標が示唆された。

では詳細を見てみよう。

エネルギー消費パターン最適化はまだ改善できる

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界から探す

さらに学ぼう!

PAGE TOP