写真一枚からゲームキャラ生成!荒野行動メーカーがトップ学会AAAIで発表した内容が話題に【AI×エンタメ】(論文)

   

困難なゲームキャラクター作成

コロナ禍では、自宅にいる時間が長くなったことにより、多くの人はゲームを楽しむ時間が増えました。多くのビデオゲームには、自分だけのキャラクターを作成することができるシステムが搭載されています。しかし、納得感のあるキャラクターを作成することはとても難しいです。

例えば、ユーザー本人の顔や好きな芸能人にの顔に似せたキャラクターを作成するのは簡単な作業ではなく、相当な練習をしても時間がかかります。プレイヤーは、求める顔に近いキャラクターを作成するために、何百ものパラメータ(顔の形、目の形、鼻の高さなど)を手動で調整するために、数時間を費やすこともあります。

手軽に精巧なゲームのキャラを作るという課題において、どんな研究が行われているのでしょうか。第五人格や荒野行動などでおなじみの企業NetEase Gamesに所属するJiangke Linら研究者の発表を紹介します。

研究者らは、3次元変形可能モデル(3DMM : 3D Morphable Models)を応用してキャラクター生成を行う技術の開発を行いました。

3Dキャラクターを手軽に生成する

まずはJiangke Linらの研究におけるミッション・手法・結果をまとめました。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

↓はてなブックマークで応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

業界ごとに記事を読む

PAGE TOP
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x