科学論文の査読を自動化することはできるのか【AI×社会】(論文)

   

増加し続ける科学論文と不足するレビュアー

科学技術の急速な発展と同時に、査読付きの科学論文の投稿数も指数関数的に増加してきました。論文の査読は各分野の専門家が行わなければならない大変な作業です。そのため、この増え続ける論文に対して、質の高いレビューを提供することは重要な課題です。

査読の負担を減らすため、自然言語処理NLP)を使用した査読の自動化が期待されています。しかし本当にそのようなことが可能なのでしょうか。査読を自動化するためには、まず最初に「良いレビューとは何か」を定義する必要があります。また、学習に必要なアノテーションを付与したデータセットの構築が必要です。

査読の自動化という課題において、実際にどんな研究が行われているのでしょうか。アメリカにあるカーネギー・メロン大学のWeizhe Yuanら研究者の発表を紹介しましょう。

研究者らは、良質なレビューについて考察し、人間が査読するよりも多くの側面から指摘可能な自動レビューシステムを開発しました。

人間を補助する自動レビューシステム

まずはWeizheらの研究におけるミッション・手法・結果をまとめました。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

↓はてなブックマークで応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

業界ごとに記事を読む

PAGE TOP
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x