「海外版の検出と防止ためのAIシステム」が特許出願!(米 NAGRASTAR社)

   

関連記事:IPSIGN社、「知的財産権の侵害検知AI」で特許取得!

海賊版を検出し産業衰退を防ぐ。

そこでアメリカNAGRASTAR社は、海外版の検出と防止ためのAIシステムを発明しました。

背景

デジタル著作権侵害を検出して修正する現在の技術は、信頼性が低く、実装が面倒となっています。また、デジタルメディアの量が増え続けるにつれて、デジタル著作権侵害を検出するための現在の「マッチング」技術の実装にはより時間がかかっています。

また、著作権侵害の検出とライブメディアの間の遅れにより、海賊版デジタルメディアをリアルタイムで検出して阻止する能力が低下するため、ライブ放送とストリーミングメディアに関しても不十分となっています。その結果、デジタル著作権侵害は抑制されずに広がり続けています。

そこでアメリカNAGRASTAR社は、海外版の検出と防止ためのAIシステムを発明しました。

テクノロジー

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

↓はてなブックマークで応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

業界ごとに記事を読む

PAGE TOP
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x