導入コストの低い商品棚監視システム。『SOSA法』とは?【AI×マーケティング】(論文)

   

背景)利益追求のための商品棚の利用効率

コンビニやスーパーのような小売店で利益を高めるには、商品棚の状態を把握し、棚を最大限有効活用できるようにしておくことが重要です。そのようなオンシェルフアベイラビリティ(OSA)を監視する技術は盛んに研究が行われています。

OSAの監視を行う研究には様々ありますが、費用対効果が高くなかったり、技術導入の際に大きな労力が必要になることが課題でした。このような課題を解決し、企業が一般に利用できるようにすることが求められています。

小売店のOSAを監視する効果的な技術について、実際にどのような研究が行われているのでしょうか。トルコにあるドクツェイリル大学のRamiz Yilmazerら研究者の発表を紹介します。

研究者らは、半教師あり学習とOSAという2つの概念を組み合わせた手法で、効果的にOSA監視を行う技術の開発を試みました。

テーマ)小売店の利益を上げる商品棚の監視システムの開発

まずはRamiz Yilmazerらの研究におけるミッション・手法・結果をまとめました。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

↓はてなブックマークで応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

業界ごとに記事を読む

PAGE TOP
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x