「少ないデータで電力需要を予測するAIシステム」で特許出願!(大和ハウス工業株式会社)

   

関連記事:住宅や商業ビルの電力消費を正しく予測するには?(AI×環境)【論文】

精度よく電力需要を予測!

大和ハウス工業株式会社は、予測対象施設の学習用データが十分に蓄積されていなくても、電力需要を精度よく予測できる電力需要予測システムを発明しました。

背景

従来、電力需要を予測するには、対象地域における過去の消費電力の実績値に基づいて、予測値を算出する構成があります。また、予測値を算出する過程において、機械学習を用いる場合がありますが、予測の精度を向上させるには、過去の消費電力の実績値のを蓄積する必要があります。

そのため、対象地域において学習用データが十分に蓄積されなければ、電力需要を精度よく予測することは難しくなっていました。

そこで、大和ハウス工業株式会社は、予測対象施設の学習用データが十分に蓄積されていなくても、電力需要を精度よく予測できる電力需要予測システムを発明しました。

テクノロジー

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

↓はてなブックマークで応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

業界ごとに記事を読む

PAGE TOP
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x