配管計装図の複雑な図記号をAIで識別!(AI×製造)【論文】

   
↓はてなブックマークで応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

背景)非効率なプラントの配管図のデジタル化

配管計装図(P&ID)は、配管、バルブ、計装、制御ロジック、注意事項など、プラントの重要な情報が含まれているため、製造業ではよく用いられています。P&IDの情報(対象の物がどこにあるか、どのようなタイプのものかなど)を抽出することは、どのくらいの部品が使われているかを推定し、運用期間中にプロジェクトを管理するための最初のステップになります。

従来の石油やガスプラントなどのほとんどはP&IDで用いられるダイアグラムからこのような情報を抽出するために、大規模なエンジニアのチームを採用して、手作業の処理で情報をデジタル化していました。
何十年もの間、これらの作業は非効率的で時間のかかる作業と考えられていましたが、昨今のデジタル化の波により、この作業を自動で行うシステムの需要が高まっています。

P&IDの自動デジタル化という課題に置いて、実際にどのような研究が行われているのでしょうか。韓国にある中央大学校ソウルキャンパスのDong-Yeol Yunら研究者の研究を紹介します。

研究者らは、P&IDに含まれる図記号を認識するためのオブジェクト検出手法を実装して、自動化を試みました。

テーマ)P&IDの自動デジタル化

まずはDong-Yeol Yunらの研究におけるミッション・手法・結果をまとめました。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

業界/カテゴリー

PAGE TOP