スコットランドの警視庁はAIの使用について警告している

警視庁のクレシダ・ディックは、警察の人工知能の使用について厳しい警告を発した。彼女は、業界がAIの倫理に関する問題を解決できない限り、顔認識などの技術への依存国家が生まれるだけだと主張した。

彼女は、AIベースのツールが犯罪と闘うのに役立つ可能性があることを認めたものの、そのようなツールの使用には、依存を防ぐための厳格なルールを伴う必要があると述べた。

ディックは、国際的な政治的、戦略的、経済的問題に関する政策関連の研究を行うオーストラリアの独立したシンクタンクであるLowy Instituteで行われたスピーチでコメントを行った。

「私たちは現在、ロボット工学・AI・機械学習の世界に手を出している。次のステップは予測的ポリシング(警備)かもしれない」

「人々はそれを心配し始めている。特に、データやアルゴリズムに偏りが生じる可能性があるためだ。例えば、ライブの顔認識ソフトウェアなども当てはまる。」

顔認識技術は現在、特にロンドン中心部の私有地の大きな区画に現れ始めている状態だ。

たとえば、キングスクロス駅周辺の再開発を担当するArgentは、2015年に顔認識機能付きカメラを設置し、2018年3月に物議を醸すプロジェクトを中止した。Argentは現在、英国情報局の調査中でICOプロジェクトが欧州連合の一般データ保護規則(GDPR)に準拠しているかどうかを確認している。

首都の2つの主要な金融地区の1つであるカナリーワーフは、独自の顔認識カメラネットワークの取得に取り組んでいるものの、特定の脅威が特定された場合にのみ使用されると述べている。

世界の国々は顔認識技術をより受け入れている

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。
新規無料会員登録はこちら

業界から探す

PAGE TOP