AIで歯科疾患を診断。熟練医師に匹敵する精度に!?(AI×医療)【論文】

   

背景)困難な歯科疾患の特定

歯科診断において、X線の写真などから迅速に歯の病気・合併症を判断することは、経験が豊富な医療従事者でないと困難でした。また、経験が豊富な歯科医や放射線科医であっても、患者の年齢によっては病気の発見が難しいこともあり、判断ミスが生じることもありました。

経験の浅い歯科医や放射線科医でもX線写真から診断を行うには、高い精度で物体認識を行うことができるシステムが重要な役割を果たします。しかし、医療分野において、画像処理技術を適用させた研究はいくつもありましたが、歯の疾患、特に親知らずの疾患を診断するための技術は確立されていませんでした。

X線写真から歯科疾患の特定を行う課題について、どのような研究が行われているのでしょうか。ベトナムにあるハノイ医科大学のVo Truong Nhu Ngocら研究者の発表を紹介します。

研究者らは、機械学習手法やディープラーニングの技術を用いて、X線写真から歯科疾患の特定を試みました。

テーマ)歯科疾患の検出システムの構築

まずはVo Truong Nhu Ngocらの研究におけるミッション・手法・結果をまとめました。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

↓はてなブックマークで応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

業界ごとに記事を読む

PAGE TOP
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x