「『賢い洗濯機』洗濯槽の回転数を予測するシステム」で特許出願!(韓LGエレクトロニクス社)

   
↓はてなブックマークで応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事:衣類の種類を自動判別!「AI搭載洗濯機」(AI×環境)【論文】

洗濯機の騒音を防ぎ、高速乾燥もできる

LGエレクトロニクス社は機械学習を用いて振動を予測し回転数を決める洗濯機システムを発明しました。

背景

従来の洗濯物では、内槽の回転により洗濯物が一部に偏ってしまうと、内槽の重心が片側に傾いて過剰に振動して外側にあたってしまいうことで騒音や故障の原因となってしまう課題がありました。

特に、乾燥工程では内槽が急速に回転するため内槽の傾きによる過振動の問題が発生していました。

そこで、LGエレクトロニクス社は機械学習を用いて振動を予測し回転数を決める洗濯機システムを発明しました。

テクノロジー

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

    記事をご覧いただきありがとうございます。

    ・サイトや記事へのフィードバック
    ・文献調査のご依頼
    ・広告配信のご依頼
    ・AI人材の雇用相談
    ・AI開発のご相談

    など、何かありましたら、ご連絡ください。

    業界/カテゴリー

    PAGE TOP