【論文PICK】AI時代の音楽業界を予測する「12の仮説」とは

   

テクノロジーは業界の天使か悪魔か

近年、私たちの生活はテクノロジーの発展や革新によって大きく影響を受けています。そして、音楽制作業界も実はデジタル技術を導入しています。その中、人工知能で話題となるディープラーニングでは楽譜の識別、自動作曲などに焦点当てたものもあり、すでに聴衆の満足度が高い音楽を自動的に作成することに成功しています。ディープラーニングは今後の音楽制作業界の進化に貢献しうる革新的な分野として認識されているでしょう。

しかし、ディープラーニングが音楽制作に取って代わるのかという話題もあり、それは音楽制作形態の変化や雇用機会の喪失、業界全体の持続的発展への影響などをもたらすと懸念されています。このような将来の課題に立ち向かうためには、業界は新たな持続可能な戦略を策定する必要があります。本研究では、音楽の本質やプロデューサーと音楽作品の質の関係を探求し、その上で、音楽制作業界の持続的発展のための今後の在り方を提案します。

音楽制作業界の持続的発展におけるディープラーニング技術の役割という課題において、実際にどんな研究が行われているのでしょうか。台北国立技術大学のSung-Shun Weng教授とHung-Chia Chen教授の発表を紹介したいと思います。

まずは教授らの研究におけるミッション・手法・結果をまとめました。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

↓はてなブックマークで応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

Mitsuyeol

投稿者の過去記事

就活で忙しい理系大学生です。最近はメルカリで物売ることにはまっています。

業界ごとに記事を読む

PAGE TOP
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x