【図解】中国Tencent(テンセント)の新AI、Xiaowei(シャオウェイ)。

※この記事は読みやすさを改善するために書き直された記事があります。

TencentのAI戦略

TencentのAI戦略は、以下のような2つの軸がある。

  • 新規事業用のAI
  • 既存事業のアップデート用のAI

上の図のうち「医療用AI」「AI tool box」は『新規事業用のAI』にあたるが、2019年1月に公表された「Xiaowei」は『既存事業のアップデート用のAI』にあたる。本記事では、以下に「Xiaowei」のビジネスモデルキャンバスを描く。

Xiaoweiのビジネスモデル

ポイント

顧客

ターゲット顧客は、WeChatのユーザー10億人だ(正確には2019年に入って11億人に達した)。ちなみにWeChatのユーザーは年々増加している。

顧客との関係

WeChatをダウンロードしていれば誰でも、WeChatを通して利用できる。顧客からの視点では、WeChat内のオプションサービスの一つに映るだろう。

チャネル

WeChatアプリがチャネル(架け橋)になる。

提供価値

「インテリジェント・サービス・システム」は、音楽をはじめとした大規模なサービスコンテンツを顧客に提供する。さらに、多くのデバイスと連携し、顧客のライフスタイルを大きく変えてゆく。

キーアクティビティ

Xiaoweiは英語で「Wechattalking(WeChatが話す)」という。Xiaoweiは顧客に対して会話とサービス提供を行う「バーチャルアシスタント」を演じる。

キーリソース

Xiaoweiを成り立たせる鍵となるリソースは、際立ったAI基礎技術と、それらを複合的に扱う知見だ。特に「顔認識」「感情認識」「リアルタイム翻訳」「画像認識」が重要な基礎技術となる。

キーパートナー

TencentにはWeChat AIという研究チームがある。そのチームはXiaoweiの開発を一身に担っており、このプロジェクトの大切なパートナーだ。

コスト

このプロジェクトのコストは、Xiaoweiが滑らかに顧客に価値を提供するためのソフトウェア開発費用だ。さらに、鍵となるAI技術の研究費も必要である。

収益

Xiaoweiによって顧客は、これまでよりも多く音楽などのサービスコンテンツを使用するようになる。サービスコンテンツの中には、Tencentがもともと保有しているもの(たとえばQQ Musicなど)が多く含まれる。サービスは有料課金、広告などによって収益をよりあげることができる。他社サービスであればXiaoweiと連携することで他社から料金を取ることも可能だ。

以上

他事業

TencentはXiaowei以外にも、医療用AIやAI tool boxなどをはじめとしたAI開発を勢力的に行なっています。Xiaowei以外で図解のご希望があればご連絡ください。

参考

・ https://xiaowei.qcloud.com/
・ https://ai.qq.com/hr/weixin.shtml

Translating

PAGE TOP