米企業、「販売予測を行うAIシステム」で特許出願!

   

関連記事:アパレル商品の売れ残り、機械学習で最小限に抑える(AI×セールス)【論文】

AIで適切な在庫管理が行えるかも

アメリカのHG Insights社は、製品が将来どれほど購入されるか予測できるAIシステムを発明しました。

背景

販売予測をすることは、企業にとって経営戦略を立案するために欠かせません。
トヨタ自動車の生産方式には「ジャストインタイム」という概念があります。これは、必要な時に必要なものを、必要な量だけ供給するという考えで、ジャストインタイムを実現することで、在庫の無駄を無くして利益率を上げることが可能となります。

販売予測を行うと、それに応じた調達計画や準備を行えて、このサイクルを適正化することで過剰在庫と在庫不足を防ぎ、常に適正在庫を維持することができます。

また、顧客には許容時間、企業には供給時間があり許容時間を供給時間を超えてしまうと顧客満足度は下がってしまいます。そのため販売予測をして適正在庫を保ち、顧客が要求するタイミングで素早く製品を納品することで顧客満足度の向上に繋がります。

そこでHG Insights社は、製品が将来どれほど購入されるか予測できるAIシステムを発明しました。

テクノロジー

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

↓はてなブックマークで応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

業界ごとに記事を読む

PAGE TOP
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x