中国で人工知能(AI)は何に使われていると思いますか?〜税務の場合〜【後編】

   

こんにちは!「Mitsuyeol」です。高校まで中国で過ごしていた帰国子女です。

AIの論文発表数が世界一とも言われている中国で、実際の活用はどのように進んでいると思いますか?

今回は「税務」に着目して、2記事に分けて解説していきたいと思います!

前回の記事はこちら

↓はてなブックマークで応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加
https://aiboom.net/archives/45930

人工知能のグローバル化

世界的に見て、AI技術を発展させ、多様に活用している国が増えています。税務技術の急速な発展に伴い、税務におけるAIの需要も高まっています。その背景には様々な理由があります。

企業の所得を透明化する働きが期待されている

多国籍企業にとって、AIによるデータの統合は、彼らのデータの収集・分析能力を最大化し、税務コンプライアンスプロセスに関する方針の変化に適応することに役立つでしょう。さらに、自動化によって税務データの透明性が大幅に向上し、多国籍企業が政府の規制の発展を改善すると同時に、正確な税務報告を詳細かつリアルタイムで行うことで政府の要求を満たすことができるようになります。結果として、AI技術はとても高く評価されています。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

Mitsuyeol

投稿者の過去記事

就活で忙しい理系大学生です。最近はメルカリで物売ることにはまっています。

業界ごとに記事を読む

PAGE TOP
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x