ソフトバンク、「プレゼンを総合的に自動評価するAIシステム」で特許出願!

   

関連記事:専門家による「お茶の品質評価」を代替するAIテクノロジー(AI×製造)【論文】

プレゼンを多角的視点で自動評価!

ソフトバンク株式会社は、対象者のプレゼンを総合的に評価できるシステムを発明しました。

背景

従来のプレゼンテーション評価装置は、どの程度の割合で発表者が聴講者の方向に視線を送っていたかを視線方向検知装置で検知し、その視線の判断結果と、発表資料の各ページに割り当てられた時間と発表者が現実に各ページに費やした時間との比較をすることでプレゼンを評価しているようです。

しかし、上記の方法ではプレゼンに費やした時間の程度や聴講者を見たアイコンタクトの程度での評価になるため観点が限定的であるという課題がありました。

そこでソフトバンク株式会社は、プレゼンターの声や発話内容、表情、ジェスチャなどを統合してプレゼンを評価できるシステムを発明しました。

テクノロジー

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

↓はてなブックマークで応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

業界ごとに記事を読む

PAGE TOP
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x