がん患者と臨床試験のAIマッチングが研究されているらしい。

   

「革命を起こす」と形容された一つのツール

米国国勢調査局が主催し、HHSがコーディネートした”14週間の健康技術”「スプリント」によると、がん患者と臨床試験と出会う方法に革命を起こすAIツールが開発された。

このツールは、エネルギー省のオークリッジ国立研究所健康データ科学研究所のチームによって作成された新しいナレッジグラフであり、The Opportunity Project(TOP)Health Sprintの一部として開発された。

↓はてなブックマークで応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

米国国勢調査局(United States Census Bureau、正式名称:Bureau of the Census)とは:
アメリカ合衆国商務省の一部局である。国勢調査は、合衆国法典第13編に規定されている。国勢調査局の役割とは国勢調査を最長でも10年に1度行い、連邦下院議会の議員定数の割り当てを定めることである。
(参考:Wikipedia、https://ja.wikipedia.org/wiki/アメリカ合衆国国勢調査局)

ナレッジグラフ(英語:Knowledge Graph)とは:
様々な情報源から収集したセマンティック検索情報を用いて検索エンジンの検索結果を拡張するためにGoogleが使用する知識ベースである。2012年5月16日にGoogleが発表し、同年ナレッジグラフ表示機能が米国版から順次検索エンジンに追加された。ナレッジグラフは、他のサイトへのリンク一覧に加えて特定のトピックに関する構造化された詳細情報を提供する。

それはユニークなプロジェクトだった

Oak Ridgeのチームは、癌やライム病などの病状に関連する課題に対処するためのデジタルツールを開発する10チームのうちのただの1チームだった。

プロジェクトリーダーのIoana Danciu氏が率いる科学者たちは、国立癌研究所や退役軍人局などの政府機関によって提供されたオープンデータセットに教師なし機械学習と大規模グラフ分析手法を適用した。

別の畑からやってきた

 Danciuと彼女の同僚は、EHRや医学的オントロジーのような情報源を越えてデータを継続的に収集し結び付ける臨床試験データをグラフに追加した。

EHRとは:
電子健康記録(Electronic health record)の略で、いわゆる電子カルテ。従来医師・歯科医師が診療の経過を記入していた、紙のカルテを電子的なシステムに置き換え、電子情報として一括してカルテを編集・管理し、データベースに記録する仕組み、またはその記録のことである。
(参照:Wikipedia

「癌試験が直面している大きな障害の1つは、データが構造化されていないことです」Danciuは語る。

 「人工知能および自然言語処理ツールは、癌患者と有望な臨床試験とのマッチングのプロセスを改良し進歩させることができます。」

そんなAIアプローチの手法は、じつはNetflixが映画のリコメンドを調整するのに使用しているものと同じだという。

それは多くの人が驚きと関心を覚えるポイントだと思うが、実際のところNetflixは独自の研究部門を立ち上げて日々アルゴリズムを中心としたユーザー体験を追究する技能集団である。
とはいえエンターテイメントとヘルスケアテックが握手した歴史的なプロジェクトなのかもしれないことは確かだ。

究極の目標へむけて

「これは野心的なプロジェクトでした」とDanciuは言った。 

「究極的には、幅広い社会的影響を伴う大きな問題に対するエンドツーエンドの解決策を見つけるために、ORNLで利用可能な独自のコンピューティングリソースとデータサイエンスの専門知識の力を解き放つことに興味があります。」

ORNLとは:
アメリカ合衆国エネルギー省の管轄下でテネシー大学とバテル記念研究所が運営する科学技術に関する国立研究所。

原文

https://www.aiin.healthcare/topics/connected-care/ai-tool-matches-cancer-patients-clinical-trials

業界ごとに記事を読む

PAGE TOP
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x