富士通、「被介護者の食事リスク(窒息)を予測するAI」で特許出願!

   

関連記事:福祉ロボットの”感情的知性”は、介護者の振る舞いを変えるらしい。

AIで介護負担の軽減ができるかも

富士通株式会社は、被介護者が安全に食事をできるか否かのリスクを判定するシステムを発明しました。

背景

介護現場では、嚥下障害(口の中のものを上手く飲み込めなくなる状態) などにより窒息リスクが高まることがあるので、食事に多くの時間を取られています。嚥下障害を予防する方法としては、首を左右に倒したり、口を膨らましたりする嚥下体操を食事の前に行うことで、唾液の分泌を促して喉のつまりを防ぐ手法が利用されています。
また、食事前の会話時間に顔を動かすことも嚥下体操と同様の効果があるため、会話時間を長くとるなどの手法も取られているようです。

嚥下機能を測定するために食事に揮発性化合物を混入させて、呼気中における揮発性化合物の存在を測定する方法もありますが、特別な装置が必要で、簡単に利用できないため、通常被介護者の嚥下障害を検出することは難しいことが現状です。

富士通株式会社は、被介護者が安全に食事をできるか否かのリスクを判定するシステムを発明しました。

テクノロジー

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

↓はてなブックマークで応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

業界ごとに記事を読む

PAGE TOP
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x