バイドゥ子会社、「駐車違反の自動検出AI」で特許出願!

   

関連記事:駐車場を皮切りに世界の車両を管理できるか(AI×都市)【論文】

駐車違反の取り締まりを自動化!

中国バイドゥの子会社である「Beijing Baidu Netcom Science and Technology(北京百度ネットコム科学技術)」は、ニューラルネットワークを用いて駐車違反を検出するシステムを発明しました。

背景

生活の質が向上するにつれて、自家用車が主要な交通手段となり、便利になる一方、様々な問題も発生させてきました。都市管理の部門では、駐車スペースの増設が自家用車の増加速度に間に合わず、駐車違反が頻発し都市の外観を損なっているという課題があります。

現在の対策として、まずパトロール検査をし、違法行為を発見すると法的措置を取るという方式を採用しており、これは非常に時間、費用、消費する違反検出の方法となっています。

そこで、同企業は、ニューラルネットワークで駐車違反を検出するシステムを発明しました。

テクノロジー

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

↓はてなブックマークで応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

業界ごとに記事を読む

PAGE TOP
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x