歳を取っても「同一人物」判定できるAI技術が開発された。指名手配などに有効か?(AI×セキュリティ)【論文】

   

背景)老化による顔認証精度の低下

顔認証システムは生活の中の様々な場面で必要とされるようになっています。しかし、時間の経過による顔の変化によって、同じ人でも認証されなくなってしまうというシステムの課題がありました。

顔認証システムの構築には、一般的にデータオーグメンテーション(データ拡張)が行われます。この拡張の手法がシステムの精度に影響を及ぼすため、適切な手法でシステムを構築する事が重要になります。

顔認証システムの精度が、人間の老化により低下してしまうという課題において、実際にどんな研究が行われているのでしょうか。ナイジェリアにあるカバナント大学のKennedy Okokpujieら研究者の発表を紹介します。

研究者らは、82人の個人の加齢による顔の変化を集めた顔画像データセット(FG-NET)に対して、前処理で4種類のノイズを追加してデータ拡張する事でシステム精度の向上を試みました。

テーマ)経年変化に頑強な顔認証システムの開発

まずはKennedy Okokpujieらの研究におけるミッション・手法・結果をまとめました。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

↓はてなブックマークで応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

業界ごとに記事を読む

PAGE TOP
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x