自動車製造自動化へ向けて。鍵となる画像認識による溶接品質の評価【AI論文】

   

✔️従来、自動車製造における溶接品質の評価には、破壊評価法が用いられるなど、多くの時間と人手がかかっていた。

✔️溶接部の表面状態の画像のみから、溶接品質を評価する非破壊評価法を用いることで、コストを削減できるはず。

✔️瞬間的にかつ誤差率5%以内という高い精度で、溶接品質を評価できるようになり、自動車製造の完全オートメーション化にまた一歩近づいた。

韓国産業技術研究院のSang-Gyu Choiら研究者は、自動車製造の完全オートメーション化に向けて、その一プロセスである鋼板溶接の品質推定・評価方法に着目した。従来、このプロセスには、多くの時間と人手がかかっていたが、溶接点の表面状態の画像を認識し、その品質を高精度で定量化し、評価するアルゴリズムの開発に彼らは成功した。

では研究の詳細を見てみよう。

自動化への鍵、溶接品質推定

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界から探す

さらに学ぼう!

PAGE TOP