12時間もの先の高潮もニューラルネットワークによる予測が可能との実験結果。(AI×環境)【論文】

   
↓はてなブックマークで応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

背景)沿岸地域に多大な影響を与える高潮

気象条件(台風や低気圧)によって引き起こされる異常な海面の上昇である「高潮」は、沿岸地域に壊滅的な影響を与えるため、1950年代から重要な研究トピックとなっています。高潮の正確で効率的な予測は、災害管理(早期警告または保護計画)において重要な役割を果たしてきました。

高潮の予測にニューラルネットワークを使用する研究も数多くあります。近年では5, 12, 24時間で鳥取海岸での高潮の予測に成功したという報告もありますが、可変経路から侵入する台風の発生地域での長期的な高潮の予測や、予測モデルのブラックボックスという重要な問題は依然として解決されていません。

ニューラルネットワーク(NN)を活用した長期的な高潮の予測という課題において、実際にどんな研究が行われているのでしょうか。台湾にある国立台湾海洋大学のWei-Ting Chaoら研究者の発表を紹介します。

研究者らは、NNモデルと台風のパラメータを使用した高潮予測を試みました。

テーマ)NNと台風のデータを利用した高潮の長期予測

まずはWei-Ting Chaoらの研究におけるミッション・手法・結果をまとめました。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

MonaCat

投稿者の過去記事

修士2年 (M2).機械学習と自然言語処理の研究をしています.

業界/カテゴリー

PAGE TOP