AIで高脂血症にきづけ!【AI論文】

中国の研究者は、血液検体と尿検体の両方で高脂血症(血流中の高レベルのコレステロール、脂肪、トリグリセリド)を診断することができるディープラーニングアルゴリズムを開発した。

高脂血症とは
血液中の中性脂肪(トリグリセライド)や、LDLコレステロール(いわゆる悪玉コレステロール)が基準より高い、またはHDLコレステロール(いわゆる善玉コレステロール)が基準より低い状態のことをいう。高脂血症より現在は脂質異常症と呼ばれる。

何ができるか

Tianjin大学の主執筆者であるQuan Zhangとその同僚は、彼らの調査結果をジャーナル”Diabetes, Metabolic Syndrome and Obesity: Targets and Therapy”にオンラインで発表した。

彼らの研究報告によると、チームはニューラルネットワークを構築して、高脂血症の「分類」の域を超えて、微妙だが詳細を述べながら状態のパラメータを特定している。

たとえば、ヘモグロビンに高血糖や糖尿病のマーカーがあるかどうかを判断できる。

この研究では、アルゴリズムによって診断が91.5%の精度で行われた。

開発者の声

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。新規無料会員登録はこちら
※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界から探す

PAGE TOP