コンテンツ分析ツールの新潮流!?SDLがAI搭載版を発表!

  • 機械翻訳
  • コンテンツ管理

のスペシャリストであるSDLは、複雑な文書や長い文書を分析して読みやすい要約を作成できるオンラインツールを作成した。

その名も、SDL Content Assistant。マーケティングおよび広告の専門家にとっては時間の節約になる嬉しいツールだ。

ユーザーは、最大20のドキュメントまたはリンク(たとえば、分析レポートや製品ドキュメント)をアップロードする。するとそれらの概要または抜粋を受け取ることができる。必要な要約の長さと深さを選択し、重要なキーワードとトピックを指定できる。

SDLによると、Content Assistantはソーシャルメディアプラットフォーム向けのコンテンツ生成を支援し、関連するハッシュタグを提案することもできるそうだ!

このプラットフォームは、SDLの言語AIエンジンを搭載しているらしい。同社はAIを活用した翻訳ツールを15年以上にわたって開発してきたが、今回の開発は大きな前進だと語られている。

これの凄い所は、ソースが機械翻訳に適しているかどうかを確認できることだという。

「SDL Content Assistantは、マーケティング担当者を念頭に置いて構築されています。」

SDLの最高製品責任者であるJim Saunders氏はそう述べた。それに付け加えてグローバルコンテンツ戦略会社Content RulesのCEO、Val Swisher氏は、

「AIテクノロジーがコンテンツをレイアウトし直す体験は、本当に新しいものです!」

と述べた。

SDLのホームページはこちら

原文

SDL launches AI-powered content analysis tool

AI Business

Translating

PAGE TOP