消化器疾患を救うAIアプリスタートアップ700万ドルを調達!

   

携帯ベースの健康アプリがAIを使用して人々が慢性的な消化器系の問題を管理できるようにするベルリンを拠点とする新興企業は、シリーズAの資金で700万ドルを調達した。
同社は、米国の消化器系患者の手にアプリを入手するために大部分のお金を使うつもりだ。

高い治療成功率

2016年に立ち上げ、すぐに最初の200万ドルを調達したCara Careは6月18日、Johnson&Johnson Innovationのベンチャー部門JJDCとバルセロナを拠点とするAsabys Partnersが新しい資金調達ラウンドを主導したと発表した。

同社のアプリはすでにドイツで400,000人以上の人々を助け、逆流、過敏性または炎症性腸、食物不耐症、クローン病、潰瘍性大腸炎などの広範な消化管疾患を「78.8%の治療成功率で」管理している。

専門家の意見

発表には、Harvard Medical Schoolの胃腸科専門医Anthony Lembo、MDおよびBeth Israel Deaconess Medical Centerの意見が含まれている。

「デジタル治療薬が、IBSなどの慢性胃腸障害のある個人の治療において将来的に重要な役割を果たすことは明らかです」

とLemboは言う。

「これらのデジタル治療は、薬物療法やライフスタイルの変化に対する患者のコンプライアンスを向上させ、この患者集団全体でより良い結果をもたらすのに役立つと確信しています。」

Cara Careは、この新しい資金を使って研究を行い、製薬、診断および食品製造業界のプレーヤーとのコラボレーションを拡大するとも述べている。

Cara制作のアプリ:
https://apps.apple.com/de/app/cara-coach-f-bauchgesundheit/id1133687886?_branch_match_id=626757371016315708

業界/カテゴリー

PAGE TOP
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x