ヤギの発情期を知る さまざまなアルゴリズムを試した結果【AI×農業】(論文解説)

   
↓はてなブックマークで応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

哺乳類の生態分析は、困難だ

哺乳類の生態を調べるためには人間が直接観察するのが一般的です。しかし、観察対象の数が多く、長期間観察を行う場合には、かなりの労力と時間を必要とします。

また、観察ベースのデータは人間の主観的な判断に基づくものであり、観察者よって異なる結果が得られる可能性があります。このため、観察者の直接観察に基づいた評価方法に代わる、客観的で効果的な定量的評価方法の開発が必要となっています。

哺乳類の生態調査における定量的評価方法の開発という課題に対して、実際にどんな研究が行われているのでしょうか。愛知工科大学の荒川ら研究者の発表を紹介します。

研究者らは、隠れマルコフモデルHMM)、ランダムフォレストサポートベクターマシン(SVM)、ニューラルネットワークといった機械学習の手法を適用し、ヤギの行動から発情期であるかどうかを検出・推定し、この検出・推定手法の妥当性を検証しました。

機械学習手法を用いたヤギの発情行動の定量的推定

研究におけるミッション・手法・結果をまとめました。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

業界/カテゴリー

PAGE TOP