フェイクニュースを作る人たちの戦略とは?(新型コロナ関連AI研究紹介)

   

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の課題に立ち向かい、AIでチャレンジしつづける研究者たちがいます。彼らの新しい研究発表は、毎日のように論文という形で発表され続けています。それらはデータベース「新型コロナウイルス関連AI論文一覧」に随時追加され、いつでも閲覧可能です。

この週刊記事では、先週データベースに追加された新たな論文をご紹介します!

先週新しく追加された論文は9件

まずは、データベースに新しく追加された論文をお知らせします(論文タイトルを機械翻訳)。

感染拡大分析

  • セネガルにおけるCOVID-19の進化の分析:ヘルスケア能力の影響(11/13)

診断補助

  • 機械学習アルゴリズムを用いたCOVID-19肺炎の診断.比較研究(11/11)
  • COVID-19 電話品質の音声データからの患者検出(11/12)
  • 様々なニューラルネットワークにおける深層学習特徴量ベースCOVID-19分類器の評価(11/14)

社会動向分析

  • ソーシャルメディアにおけるフェイクニュース作成の戦略を理解する(11/14)
  • 模擬大気エアロゾルによるフィルタ負荷に及ぼす温度・相対湿度の影響とCOVID-19関連マスク・呼吸器のろ過研究(11/15)
  • COVID-19パンデミック時の社会的距離と衛生習慣を測定する自律的アプローチ(11/15)
  • COVID-19のロックダウンは、欧州の都市部でオゾン汚染が増加するリスクを強調している。(11/17)
  • コロンビアの3つの空港における気象変動制御(11/18)

今週は社会動向分析を中心に気候関連の論文が多く見受けられました。

【PICKUP】フェイクニュースはどうやって作られる?

その中でも特に注目度の高い研究は、オンラインニュース記事を含む5つのデータセットを分析してフェイクニュースの作成の戦略を調査した以下の研究でした。

社会動向分析ソーシャルメディアにおけるフェイクニュース作成の戦略を理解する(11/14)

論文情報

タイトル(原題):Understanding the Strategies of Creating Fake News in Social Media
著者:Dinusha Vatsalan&Jeyakumar Samantha Tharani&Nalin A.G. Arachchilage
実験場所(国):オーストラリア

↓はてなブックマークで応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

研究背景

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界ごとに記事を読む

PAGE TOP