「障害者の就労支援AI」が特許出願(カミエンス・テクノロジー社)

   

関連記事:採用にAIを導入するとき、人事は何を思うか(AI×人材)【論文】

障害者雇用を促進する!

カミエンス・テクノロジー株式会社は、障害者が適正に就労できるように支援する就労支援装置を発明しました。。

背景

現在、障害者雇用は社会的に大きな問題になっており、就労希望者が多いにもかかわらず適切な労働ができていない状況にあります。要因としては、障害者の場合、体調や感情の変化による労働への影響等が健常者に比べて察知が難しいことがあげられます。

また、現在の技術として障害者情報データベースに障害者が作業可能な可能作業種別の情報を記憶しておき、作業の割り当ての際にデータベースを参照して仕事を割り振るというものがありますが、適切な作業の割り当てはなかなか難しいようです。

カミエンス・テクノロジー社は、障害者の就労において異常が生じた際に、常にフィードバックを行いながら最適な対処を行う就労支援装置を発明しました。

テクノロジー

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

↓はてなブックマークで応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

業界ごとに記事を読む

PAGE TOP
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x