GitHubで行われるエンジニア達の会話を分類するAI、登場【Github】

   

関連記事:AIの対話理解アプローチを定量的に比較【GitHub】

GitHub上でのコメントによる対話の分類システムが登場しました!

背景

GitHubはソフトウェア開発者の仮想チームをサポートすることに特化しており、新しい機能について議論したり、ソフトウェアのバグを監視したりすることを主なコミュニケーションの目的としています。GitHubの課題処理インフラの中では、ユーザーは課題ページを開くことでバグを報告したり、機能リクエストを提供したりすることができます。課題の消化率はチームが問題を解決するスピードを反映しており、チームのパフォーマンスの指標として使用することができます。

セントラルフロリダ大学のAyesha Enayetらは、課題についてのコメントの対話行為の分類システムを提案しています。

テクノロジー

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

↓はてなブックマークで応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

ロッテノ

投稿者の過去記事

SE2年目に突入。大学では機械工学を専攻していました。製造・工業分野などのAIの活用を深堀して、分かりやすい表現で執筆していきます。

業界ごとに記事を読む

PAGE TOP
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x