車いす移動はまだまだハイテクになれる。障害物検知の技術に刮目せよ(AI×社会)【論文】

   

背景)高齢者や障害者向けの移動補助ツール

高齢者や障害者が長距離を歩いたり、公共交通機関に乗ったりすることは非常に困難です。そこで、自己位置推定とマッピングの同時実行(SLAM)を用いることで、高齢者と障害者のアクセシビリティを支援することができます。

機動性を向上させるためには、自動誘導、障害物回避、自律型車椅子などによる歩行を最小限に抑えることが必要です。そこで、動的環境における人物や障害物の検知が注目されています。

↓はてなブックマークで応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

動的環境における障害物検知という課題において、実際にどんな研究が行われているのでしょうか。韓国にある仁荷大学のSongGuo Jinら研究者の発表を紹介します。

研究者らは、半教師あり学習を用いることで、人物や障害物の検出を試みたのでした。

テーマ)障害者の歩行補助のための機械学習による障害物検出

まずはSongGuo Jinらの研究におけるミッション・手法・結果をまとめました。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

masashi

投稿者の過去記事

大学院では薬学の研究を行っていました。主に創薬・製造・金融分野におけるAI活用を掘り下げたいと思います。Twitter:@masa05240112

業界ごとに記事を読む

PAGE TOP
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x