量子アルゴリズムの迅速開発プラットフォームが発表されました。【GitHub】

   
↓はてなブックマークで応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事: 【論文実装】今週取り組むべき5本(2020年3月第3週版)量子機械学習、登場ー。

開発者と科学者の新たな味方か?

着々と進む、量子コンピュータの世界

量子コンピューターは現在、「ノイズとエラーへの対応」が重要な段階に入っているようです。これは、量子コンピューターの原理的な技術がある程度達成されたために、実用に向けた次のレベルの課題が注目されていることを意味します。
この問題が解決された後の、量子化学や材料科学から金融に至るまで様々な分野の難問への応用に大きな期待が寄せられています。

この課題分野においては、ハイブリッド量子古典アルゴリズム、特に変分量子アルゴリズム(VQA)が主流となっています。これは古典的なコプロセッサを利用して、様々な目的に対してパラメトリック量子回路の性能を反復的に向上させるものです。

量子コンピュータの開発環境は多様過ぎて混乱のもと

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界/カテゴリー

PAGE TOP