一台の監視カメラから「ソーシャルディスタンス」を正確に測るAIが登場【GitHub】

   

関連記事:ソーシャルディスタンスへの世論を深層学習で分析!

AIで密を防ぎます!

↓はてなブックマークで応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

背景

誰もが意識せずにはいられない感染症の大流行、その歯止めの施策としての「ソーシャルディスタンス」は多くの施設や団体が徹底を要請され、手段に悩んでいます。

デジタル技術を活用してその手段を開発している研究者等の間では、ソーシャルディスタンスの可視化が注目を集めています。以下のイメージ図のように、人間を骨格として認識した上で、足下に領域を表示させれば、ソーシャルディスタンスを作れているかが分かるというコンセプトです。

図は論文より引用。

これまで、動画や複数枚の画像、処理が行われた画像をもとに、ソーシャルディスタンスの可視化が開発されたケースは報告されてきましたが、もっと手軽な方法である「何の処理も行われていない画像からソーシャルディスタンスの可視化を行う」というテーマでは、誰も開発を行うことができていませんでした。

そこで、イタリアにある「Istituto Italiano di Tecnologia(イタリア工科大学)」のMaya Aghaeiら研究者は、同内容に取り組みました。

テクノロジー

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界ごとに記事を読む

PAGE TOP
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x